折畳式プラモ工場

私ことカピロッツが日々、嫁さんからの冷たい視線を浴びつつ週末限定の折畳式工場にてプラモを製作するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

製作記9 TENARIV 1/43 ARROWS A2

どうしようか迷ったのですが、サスペンションアームのパーツを作り直すことにしました。
既存のパーツからは下の画像の真ん中にあるフレーム(?)部分のみを
切り出して使うことにします。

1_20110808092958.jpg


まずは0.6mmのステンレス棒で枠を作成

2_20110808092958.jpg


そこに先ほど切り出したパーツをハンダ付けし、さらに0.4mmのステンレス棒を2本ハンダ付けしました。

3.jpg


次にアップライト部分の作成です。
ここで小さなパーツのハンダ付けの解説をします。
まずは接合したいパーツ同士をテープ等で固定します。
ここでは1.4mmの真鍮パイプを2本切り出してサスアームのパーツとテープで固定します。

4_20110808092957.jpg

次に接合部分に少量のフラックスを筆で塗り、写真のように小さく切り出した糸ハンダをコテにとります。

5.jpg

ハンダの乗ったコテを先ほどフラックスを塗布した部分にチョンと付ければハンダが接合部に流れ込みます。この時に長くコテが触れてしまうと、ホワイトメタルのようにパーツやそれまでに溶接した部分が溶けてしまうので注意してください。後は余分なハンダをカッターやヤスリで削り取ります。

7_20110808092957.jpg


| 1/43 アローズ A2 | 09:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://capilotz.blog37.fc2.com/tb.php/75-02caea53

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。