折畳式プラモ工場

私ことカピロッツが日々、嫁さんからの冷たい視線を浴びつつ週末限定の折畳式工場にてプラモを製作するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

製作記5 TENARIV 1/43 ARROWS A2

塗装に入ります。
ゴールドのような金属粒子入りの塗料は少しずつ薄く吹かないと
塗料が溜まったところで粒子が対流しきれいな塗装面になりません。

そこで手元にあったクレオスのゴールドスプレーを小瓶に取り出すことにします。
曲がったストローを缶の口にしっかり固定し小瓶にシュー
(セロテープなんかで適当に留めると確実に外れてエラい事になります。)

缶から取り出したばかりの塗料には大量のガスが含まれています。
ココで大事故!どれくらい取り出したか確認するため水面の泡を
撹拌棒で潰していたら棒の先がわずかに水面に触れ、
その瞬間、コーラを振って開けた時のようにゴールドの塗料が大沸騰!!
あっという間に机が金色に変わりました。。。

缶の塗料を取り出す時は皆さんも気を付けてくださいね。
日に当たらない場所に揺らさないようにしばらく放置して
きちんとガスを抜いてください。

取り出したゴールドをピュアシンナー希釈し
何度も塗り重ねるように塗装しました。

DSCN0441.jpg


運転席周りを黒で塗装。
マスキングはきれいに出来ていたようでレタッチは不要でした。

DSCN0443.jpg

| 1/43 アローズ A2 | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://capilotz.blog37.fc2.com/tb.php/69-74772a46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。