折畳式プラモ工場

私ことカピロッツが日々、嫁さんからの冷たい視線を浴びつつ週末限定の折畳式工場にてプラモを製作するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

製作記37 タミヤ 1/12 Williams FW14B

カウルの裏側をマットブラックで塗装しました。
エナメルのフラットブラックをマスキング無しで適当にエアブラシで吹き、はみ出た部分はエナメル溶剤で拭き取るだけです。

4


アルミシールで断熱材を再現。

3


コックピット内を組みます。

2


フロント周りがまだ全然手が入ってません。

1

| 1/12 ウィリアムズFW14B | 01:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

カピ様こんばんは~。

なるほど…、裏塗りはそうしたら良かったんですね!
今までボディーだの、カウルだの表側はミイラの様にマスキングしてました…。
塗料の性質分かっていながら当たり前の基本忘れてました。

またまた勉強になりましたぁ!
ありがとうございます♪

因みにエナメル塗料もエアブラシの場合、ラッカーと同じ希釈でいいのでしょうか?

いつも教えて頂いてばかりですいません(汗)

| garageken | 2013/08/17 21:47 | URL |

zeks様

エナメルの希釈はいつも適当ですけど塗料:シンナー=1:2くらいのイメージです。
あんまり派手にはみ出すと拭き取るのが面倒なので吹く方向やガス圧を弱めるなどを
気をつけると奇麗にできますよ。

| カピロッツ | 2013/08/17 22:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://capilotz.blog37.fc2.com/tb.php/298-c675b880

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。