折畳式プラモ工場

私ことカピロッツが日々、嫁さんからの冷たい視線を浴びつつ週末限定の折畳式工場にてプラモを製作するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

製作記34 タミヤ 1/12 Williams FW14B

デカールの段差消し(中研ぎ)が終わったので本クリアを吹きます。
ガイアのExクリアをしゃびしゃびな感じに希釈します。(4ー5倍)
この時使用するシンナーはリベリングシンナーといってリターダーの成分の含まれたシンナーと通常の薄め液を半々くらいに混ぜたものを使用します。
これを4回ほど垂れない程度に吹きました。
リベリングシンナーは硬化速度を遅くする効果があるので塗膜面を円滑にすることができます。

1


2時間ほど放置して表面が触れるくらい硬くなってきたら研ぎ出しを行います。完全硬化する前ならば研ぎ出しも比較的楽に行えますが爪痕や指紋をつけないように注意が必要です。2000番の紙ヤスリで表面を円滑にしてからコンパウンド磨きです。使用するコンパウンドは下の写真のもので、左から順に使いました。フィニッシャーズのコンパウンドを番手順に使った後、99工房のリキッドコンパウンドで仕上げ、最後にハセガワのコーティングポリマーを表面に塗り込みます。

3


こんな感じで光ってくれれば上出来でしょう!

2

| 1/12 ウィリアムズFW14B | 11:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ツルピカですね〜!私はノーズコーンだけは研ぎだしが上手にできるので大好きです。ボディはまぁ…ボソボソ。。。カピさんを見習ってこれからは手間を惜しまず丁寧にやろう!(といつも思うんですがなぜか^^;

| zeks | 2013/06/17 12:40 | URL |

こんにちは!
本当にいつも参考になります~!
感謝です。
完成まで頑張って下さい!

| garageken | 2013/06/17 12:56 | URL |

Re: タイトルなし

zeksさま

本当は実車なんか見るとそんなに艶もないしスポンサーロゴも段差が有ったりするんで
どこまでやるかは個人の趣向をどういう方向に合わせるかだけなんですけどね。
自分はどちらかというと実写に忠実にというより模型の雰囲気重視です。

| カピロッツ | 2013/06/17 23:03 | URL |

garaさま

ありがとうございます。
完成まではまだまだ難所が幾つもあるので頑張ります!

| カピロッツ | 2013/06/17 23:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://capilotz.blog37.fc2.com/tb.php/289-d7340cc4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。