折畳式プラモ工場

私ことカピロッツが日々、嫁さんからの冷たい視線を浴びつつ週末限定の折畳式工場にてプラモを製作するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

製作記10 TAMEO WCT75 1/43 フェラーリ 312T

インダクションポッドの接合を大の苦手な半田付けでお願いいたします。

写真-2


パーツがとろけるのを極力防ぐため少々お高いのですが、低温ハンダを購入しました。

写真-1


で、結果コレ。。ド下手すぎるだろ。。OTZ

image_20130203144436.jpg


なぜ苦手な半田付けに挑戦したかというとどうしてもコレをしたかったのです。インダクションポッドの穴あけ。ここが塞がってちゃカッコ悪いもんね!

写真-4

リューターで大雑把に穴を開けたら、ヤスリで開口部や内部の形状を整えます。

写真-5

写真-3

| 1/43 フェラーリ312T | 14:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
この時代はインダクションポッドが命ですものね。
ハンダは私も大の苦手ですが、折畳さん、とてもいい感じですよ。
穴が貫通した瞬間とかちょっと感動ですよね(笑)

| zeks | 2013/02/03 22:33 | URL |

いやはやお恥ずかしいw
ハンダのうまい人は尊敬しちゃいます。ハンダが小手から離れないんですよね。
インダクションポッドは壁ギリまで削りました。

| | 2013/02/04 03:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://capilotz.blog37.fc2.com/tb.php/217-63a13341

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。