折畳式プラモ工場

私ことカピロッツが日々、嫁さんからの冷たい視線を浴びつつ週末限定の折畳式工場にてプラモを製作するブログです。

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

製作記38 MFH 1/12 フェラーリ126C2

カウルの表面を整えています。

DSC_9359.jpg

ダボのヒケを処理し、パーツ表面の梨肌や傷を整えました。
塗装の食いつきを良くするため、ペーパーは400番までしか使いません。



DSC_9358.jpg

フロントのアッパーアームの囲いは前側に
隙間が開いてますので直さないといけませんね。
カウル自体はネオジム磁石での固定を考えていますので
磁石を仕込む場所も考え中です。



DSC_9366.jpg

ノーズコーンの調整をしました。
モノコックの横幅が少し広くなってしまったらしく。
画像のようにモノコックが透けて見えるくらいまで
内側を削らないと収まりませんでした。
ここの強度は極めて低いです。。
スポンサーサイト

| 1/12 フェラーリ126C2 | 12:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。