FC2ブログ

折畳式プラモ工場

私ことカピロッツが日々、嫁さんからの冷たい視線を浴びつつ週末限定の折畳式工場にてプラモを製作するブログです。

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

製作記03 Tameo & Meri+ラクーンオート カウル 1/43 126C2

続きを始めましょう。まずはタメオから。
前回開けたこちらの大穴にスリットを取り付けます。

5


使うのはこちらのZ model 126C2用ディテールアップパーツ!(650円也!)
在庫があって良かったです。この手のものはある日突然絶版になったりするので。。

1


スリットを折り込んだら穴に嵌めてみます。このパーツはそのままですとカウルからはみ出てしまうので上下を1mmほどカットします。これでぴったり!

2


慎重に半田付けで固定します。

3


余分な半田を削り落とします。

4


ここで小さな事件発生!鉄粉を洗い落とそうと超音波洗浄機に入れたらあちこちにクラックが入りました!メタルパーツは超音波洗浄禁止っぽい。(常識?)
スリットの段差埋めとクラック埋めのポリパテを盛ります。

5


段差もなくなり完成です。

7


軽くサフを吹いてみました。クラックも消えてます。

8


お次はメリ。
ラクーンカウルにするため、小さくなりすぎるノーズのパーツを大きくします。

9


キットのパーツにポリパテを大盛りにします。
なんか最近ポリパテが硬化不良気味なんですよね、硬化剤が死にかけてるのかな?

10


今日はここまで。

| 1/43 タメオ & メリ フェラーリ 126C2 | 15:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT