FC2ブログ

折畳式プラモ工場

私ことカピロッツが日々、嫁さんからの冷たい視線を浴びつつ週末限定の折畳式工場にてプラモを製作するブログです。

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

製作記3 TAMEO WCT84 1/43 McLaren MP4/2

ウイングを製作することにします。やはりこのあとの作業のことを考えると強度のある半田付けでないといけなかろうということで大の苦手ではあるのですがやってみます。ラクーンの店主様にコツを聞いてきましたし。まずはノギスで固定します。

写真-5-1


フラックスを用意します。小皿に取ったフラックスをカッターの先にチョンと付け、それを接着部分にはみ出しすぎないように流し込みます。フラックスを付けすぎると不必要な部分までハンダが流れてしまって後処理が大変になりまます。

写真-1


低温ハンダを3mm程切り出しコテの先端で取ります。

写真-5


コテが触れすぎると一気にパーツが融解しますのでほんの一瞬の勝負です。接着部分を一瞬でなぞるようにコテを走らせます。パーツの裏には温度が上がりすぎないように濡れティッシュを噛ませています。まーまー上手くできました。

写真-1-1


はみ出たハンダをヤスリとワイヤーブラシで削り取ります。

写真-3-1

写真-2-1


この要領で小ウイングも付けました。

写真-4


リアがうまく行ったので勢いでフロントウイングも作りました。調子に乗ってやっていたらパーツを少し溶かしました。。幸い溶けた部分は僅かだったので光硬化パテで修正しています。

写真-3


第一の難関突破です。ふぅぃーーー。
もうすでにかっこいい。

写真-2

スポンサーサイト



| 1/43 マクラーレンMP4/2 | 12:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT