折畳式プラモ工場

私ことカピロッツが日々、嫁さんからの冷たい視線を浴びつつ週末限定の折畳式工場にてプラモを製作するブログです。

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

製作記35 1/20 マクラーレンホンダ MP4/4 Super Detail-Up Set

カウルのマルボロレッドを塗り分けます。色の境界線をくっきりさせるため境界のぶぶんのみハイテクマスキングテープを使います。

DSCN3289.jpg


吹いたのはクレオスの蛍光レッド、仕上がりはマットになります。

DSCN3292.jpg


デカールを貼るために薄くクリアーを吹きました。

DSCN3294.jpg


今回使うデカールは初めて使うスタジオ27のハイテクデカール(ハイテク多いなw)です。これはミュージアムコレクションの剥離デカールと同じで乾燥後にクリア層を剥がして使うデカールです。Mコレのは使ったことがあるのですがこれはどうでしょうか。他の人の使用感を見ると結構難しそうなのですが実際の使用感は、、結構難しいですw とにかく素早く位置を決めないとクリア層の下のインク層がすぐにバラバラに崩壊します。。リアウイングは大失敗しましたのでジャンクデカールの中から見つけたものを貼りました。

DSCN3303.jpg


ドライヤーでよく乾かした後クリア層を剥がします。さすがに仕上がりはきれいですね。ハイテクデカールの使用感ですがいろいろリスクが多過ぎて私はもう使いたくない感じです。後で出てきますがクリアーも吹けません(知らなかった!)予備のデカールがあるなら仕上がりもきれいなので良いと思うのですが、一発勝負はちょっと怖いです。同じハクリ系ならMコレの方が使いやすいですね。インク層がMコレの方が強い気がします。進化版の製品はクリアーも吹けますし。
※ちなみにマルボロのMの字が欠けていますww これもジャンクデカールで補修しました。

DSCN3305.jpg


大惨事発生!クリアーを吹いてはいけないことを知らなくて吹いてしまったせいでデカールが滲んでいる!

DSCN3314.jpg


しかも最初のクリアーでは何ともなかった蛍光レッドの境界線がなぜが2度目のクリアーで崩壊している!これは、、リカバリーできるのか?それともシンナー風呂からやり直しか。。はぁ~

DSCN3313.jpg

スポンサーサイト

| 1/20 マクラーレンホンダ MP4/4+TOP STUDIO | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。