折畳式プラモ工場

私ことカピロッツが日々、嫁さんからの冷たい視線を浴びつつ週末限定の折畳式工場にてプラモを製作するブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

製作記7 1/12 YZR-M1'09 +Top Studio Super Detail-Up Set

セミグロスブラックとシルバーの塗装を一気に行いました。
これはチェーンプラーです。T2Mのネジを使っています。

DSCN4374.jpg

スポンサーサイト

| 1/12 YZR-M1'09 +Top Studio | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

製作記6 1/12 YZR-M1'09 +Top Studio Super Detail-Up Set

スタンドの受け部分を瞬着で接着します。私はなぜかこのパーツが大好きなのです。

1_20111128102614.jpg

2_20111128102604.jpg


筋振りを深くしました。使っているのはBMCタガネ。

3_20111128102604.jpg


パーツの合わせ目を400番ペーパーで消ました。パテを使うと塗装時にヒケるので瞬着をパテ代わりに使います。

7_20111128102603.jpg


マフラーをTop Studioに付け替えてみました。かっこいい!!

6_20111128102604.jpg


| 1/12 YZR-M1'09 +Top Studio | 12:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

製作記5 1/12 YZR-M1'09 +Top Studio Super Detail-Up Set

リアカウルの製作中に資料を見ていて気づいたのですが、付け根の部分にある細長い凸モールドの囲いの部分はどうも穴が開いているように見えます。(GPによって違うのかもしれません。)なので開口してしまいます。この方が今後の作業も楽になるので。

12_20111125161722.jpg


BMCタガネである程度の深さまで掘ったらエッチングカッターで切り込んでいきます。

4_20111128102604.jpg


穴が開いたら切れ目の部分をヤスリで整えて薄々攻撃をします。

5_20111128102604.jpg


| 1/12 YZR-M1'09 +Top Studio | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

製作記4 1/12 YZR-M1'09 +Top Studio Super Detail-Up Set

光硬化パテでサイドカウルのビス穴を塞ぎました。

7_20111125161759.jpg


サイドカウルとアッパーカウルは前回のMP4/4でもご紹介したネオジム磁石で固定します。

14_20111125161722.jpg


離型材を落とすためにガイアのレジンウォッシュ液にレジンパーツを10分ほど付けて中性洗剤でゴシゴシ磨きます。

13_20111125161722.jpg

| 1/12 YZR-M1'09 +Top Studio | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

製作記3 1/12 YZR-M1'09 +Top Studio Super Detail-Up Set

スイングアームの裏側をパテで埋めます。
まず、サスペンションのスペースにパテが流入しないようにするための壁をプラバンで作ります。

8_20111125161759.jpg


パテ(モリモリ)をモリモリ盛っていきます。40分ほどで硬化しますのでガリガリ削ります。

9_20111125161723.jpg


こんな感じです。

10_20111125161723.jpg

11_20111125161722.jpg

| 1/12 YZR-M1'09 +Top Studio | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。